浮気調査の知識 浮気調査アプリ

スマホで浮気調査をする方法&浮気調査アプリ【2019最新版】

更新日:

浮気調査アプリ

「自分のパートナーが浮気しているのでは…」と、不安な思いになったことはありませんか?

不安な気持ちを抱えたままではなく、シロクロはっきりさせたいですよね。

そんな時に役立つのが「スマホ」を使った浮気調査です。

スマホは、今や現代人の必需品。

そして、スマホを見れば、その人の行動パターンなどがわかる…と言っても過言ではありません。

そこで今回は

・スマホを使った浮気調査の注意点

・スマホを使った浮気調査の方法

・浮気調査に役立つアプリ

などをご紹介します。

目次

■スマホを使った浮気調査の注意点

スマホを使った浮気調査には、いくつか注意点があります。

スマホを使った浮気調査の方法をご紹介する前に、注意点を予習しておきましょう!

1.相手のスマホに勝手にアプリを入れるのはリスクが高い

「相手にバレないように、こっそり位置情報がわかるアプリを入れられないかなぁ…」

こんな風に考えている方もいるかもしれませんが、アプリを勝手にインストールする行為はかなりリスクが高いです。

浮気調査に使えるアプリについては後でご紹介しますが、あくまで「双方の合意のうえで」利用するようにしてください。

では「相手のスマホに勝手にアプリを入れる」という行為には、どんなリスクがあるのでしょうか?

①他人の携帯に勝手にアプリをダウンロードするのは犯罪

まず何と言っても、法律に反した行為だということ。

2011年の刑法改正の際に新設された「不正指令電磁的記録に関する罪」という犯罪にあたるのです。

もしこの罪に抵触すると、3年以下懲役または50万円以下の罰金に処されます。

正当な理由がないのに,人の電子計算機における実行の用に供する目的で,
次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し,又は提供した者は,3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

引用元:http://www.moj.go.jp/content/000076666.pdf

②相手にほぼ確実にバレる

スマホが必需品になった今、個人情報の漏洩やスマホを使った犯罪を防ぐために

・相手のスマホに勝手にアプリを入れたのがバレないよう、アイコンを非表示にする

・相手にバレずに、アプリを遠隔起動する

というような行為は、厳しく規制されるようになりました。

逆に言えば、相手のスマホに勝手にアプリを入れても、アイコンも表示されるし、遠隔起動すれば通知も表示されるのです。

※ただし、一部アプリではアイコン非表示機能が搭載されたまま、監視の目をすり抜けているものもあります。

誰でも、自分のスマホに知らないアプリのアイコンがあったり、身に覚えのない通知が来たら、不信感を覚えますよね。

ということで、相手のスマホに勝手にアプリを入れると、ほぼ確実にバレます。

証拠をつかむどころか、最悪の場合相手から損害賠償請求されてしまう…なんてことにもなりかねないので、気を付けましょう。

2.SIMカードを差し替えてもスマホの中身の確認はできない

スマホを使った浮気調査の方法について書いてあるWebサイトの中には

謎の勢力
「自分と相手のスマホが同機種・同じ携帯会社なら、SIMカードを入れ替えることで、相手のスマホの中身を自分のスマホを使って見ることができる」

なんて情報が載っているサイトがあります。

「これなら、相手のスマホのパスコードが分からなくても、相手のスマホの中身を見られる!なんて画期的な裏ワザなの!」

と思った方もいるでしょう。

 

しかしこの方法は、全くのデタラメです。

 

そもそも、SIMカードとは何かご存知ですか?

「え…スマホの全情報が入っているマイクロチップじゃないの…?」

と、ざっくりした認識の方も多いはず。

しかし、SIMカードには

・電話番号

・キャリアのメールアドレス(auやドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアの場合)

など、回線の契約情報しか記録されていないんです。

たったこれだけの情報しか入っていないなんて、意外な事実ですよね。

じゃあ、その他の

・LINEやSNSなど、アプリの情報や履歴

・写真や動画

・アドレス帳

はどこに保存されているかというと、スマホ本体に入っているんです。

※一部データは、SDカードなどに記録されている場合もあります

だから、もし仮に相手のSIMカードを自分のスマホに挿入したとしても、相手のスマホの中身は見ることができません。

このように、浮気調査方法をまとめたサイトの中にはデマ情報が含まれていることがあるので、注意してください。

3.裁判で使える証拠を集めたいなら、探偵にも相談すべき

「浮気の証拠を集めて、最終的には裁判で戦いたい・慰謝料がほしい」

 

こう考えている場合には、自力での調査だけでは足りません。

仮に、ご自身でパートナーのスマホをこっそり見て、パートナーと浮気相手のLINEやメールの履歴を見つけたとしましょう。

「やったー!決定的証拠だ!この履歴さえ取っておけば、裁判を戦える!」

そう思ってしまいますよね。でも違うんです!

内容によっては、証拠として弱い可能性もあるのです。

たとえば、肉体的関係があったとハッキリわかるような内容であれば、裁判において有利な証拠となります。

ですが、日常的な内容のやりとりだけだと、肉体関係があったという決定的な証拠にはならないことも…。

もちろん、パートナーと浮気相手のLINEやメールの履歴も、全く証拠として使えないわけではありませんが、それだけで裁判を戦うのではなく、できるだけ証拠が多いほうがこちらにとって有利な展開となります。

そこで頼れる存在なのが探偵です。

探偵なら

・聞き込み

・張り込み

・尾行

など、プロならではの適切な調査を行ってくれます。

こういった調査は、自力でもできなくはないですが、

・顔見知りによる尾行や張り込みは、相手にバレるリスクが高い

・尾行や張り込みには時間と労力がかかる

など、デメリットもたくさんあります。

なので、調査のプロである探偵に任せたほうが安心ですし、気がラクというメリットがあります。

ほとんどの探偵事務所では無料相談を行っています。

探偵に依頼する際は、どこに依頼するのかの見極めも肝心。

無料相談を活用して、信頼できる探偵を見つけてみましょう。

■スマホを使った浮気調査の方法

先ほど「相手のスマホに、勝手にアプリを入れる」行為は刑法で罰せられる…と書きました。

しかし「相手のスマホを勝手に見る」だけなら、刑法では罰せられません。

ただし、その行為が相手にバレた場合は“プライバシー侵害”などで民事訴訟を起こされるリスクはあります

全くの安全というわけではありませんが

「スマホをこっそり見る」

くらいであれば、法に触れるリスクも、相手にバレるリスクもあまり高くはないですし、手軽に相手の動きを探ることができます。

では、具体的にはどんな方法があるのでしょうか?

1.WEBの閲覧履歴をチェック

相手にバレるリスクも低く、浮気調査の初期段階としてオススメなのがこの方法。

もし相手のWEB閲覧履歴をチェックしてみて、

・あなたが行く予定/行った覚えのないホテルや温泉、レストランについて調べてあった

・明らかに異性へのプレゼントと思われるモノの購入履歴/閲覧履歴があった

などの場合は、浮気が疑えるかもしれません。

また、履歴を完全に消去している場合も、何かやましいことがあるのでは…と考えられますね。

2.予測変換をチェック

浮気している側にとって、意外と盲点なのがこのポイント。

予測変換までクリーンにしている人はなかなかいないのでは?

LINEなどで頻繁に使う言葉は、予測変換に現れます。

つまりそこから

・あなたには絶対言わないような言葉(会いたい、愛してる)

・知らない異性の名前

などが出てきたら、かなり怪しいと考えてもいいかもしれません。

3.LINEのトーク履歴を自分のスマホに転送

LINEには、浮気相手とのトーク内容が残っているかもしれません。

もしもパートナーのスマホをこっそり見てみて、怪しいLINE履歴があれば、そのLINE相手とのトーク履歴をまるごと自分のスマホに転送してしまえば、あとでゆっくり確認することができます。

トーク履歴をこっそり自分のスマホに送ったことが、最もバレにくい方法は「AirDrop」を使った方法です。

もし、自分・パートナー両方のスマホがiPhoneなら、この方法が使えます。

AirDropでのLINE履歴転送方法

①パートナーと怪しい相手のトークルーム画面を開き、右上の「v」をタップ→「設定」をタップ

②「トーク履歴を送信」をタップ

③「タップしてAirDropで共有」から、自分のスマホを選択する

④自分のスマホを確認し「受け入れる」を選択

これだけで、パートナーと怪しい相手のLINE内容を、自分のスマホでじっくり確認できます。

AirDropなら「いつ何を送受信したのか」の履歴が残らないので、相手にバレるリスクが低く、おすすめです。

ただし、iPhoneでしかできない方法というのがデメリットですね…。

Android端末でのLINE履歴転送方法

Android端末の方は、トーク履歴をメールで自分のスマホに送信してください。

①パートナーと怪しい相手のトークルーム画面を開き、右上の右上の「v」をタップ→「設定」をタップ

②「トーク履歴を送信」をタップ

③「メール」を選択し、自分のメールアドレスを入力して送信

④相手のメールから、この件の送信履歴を消す

こうすればOKです。

送信履歴を消すのを忘れないように注意してください。

■浮気調査に役立つアプリ

アプリの中には、浮気調査に役立つ機能が入っているものもたくさんあります。

ここでは手軽に使えて浮気調査に役立つアプリをご紹介します。

すべて、無料でお試しできるものばかりです!

(ただし、無料版には制限があり、アプリ内課金が必要なものもあります)

※注意※

繰り返しになりますが「他人の携帯に勝手にアプリをダウンロードするのは犯罪」です。

あくまで「双方の合意のうえで」利用するようにしてください。

iPhone・Android両方で利用できる浮気調査アプリ

1.Prey Find my Phone Tracker GPS

Prey Find my Phone Tracker GPS

《対応ストア》

App store(iPhone)

Google Play(Android)

※ただしAndroid版のアプリ名称は「Prey Anti Theft: Find My Phone & Mobile Security

《料金》

無料(ただしアプリ内課金あり)

《Prey Find my Phone Tracker GPSの機能》

①GPSでスマホの現在地を特定できる

スマホの盗難防止の目的でリリースされているこちらのアプリ。

位置情報の特定に優れた機能が満載なので、浮気調査にもかなり役立ちます。

②特定のエリアへの出入りがあれば、アラーム・メールでお知らせ

密会先と疑われる場所などをあらかじめ位置指定しておけば、スマホがそのエリアに入ったとき/離れたときに、アラームやメールでお知らせが届きます。

つまり「いま密会中なのかも」という手がかりをつかむのに繋がるわけです。

③セキュリティ迷彩

スマホのホーム画面上にアプリを表示させない機能です。

④カメラの遠隔起動および撮影

スマホを「Missing(紛失)」状態として登録しておけば、この機能を使うことができます。

10分毎に、スマホのインカメラで自動撮影が行われます。

2.Life360-子供の見守り、家族と位置情報共有アプリ

Life360

《対応ストア》

App store(iPhone)

Google Play(Android)

《料金》

無料(ただしアプリ内課金あり)

《Life360の機能》

①位置情報の共有

「Life360」は、

・家族

・友達

・恋人

などを招待し“サークル”として登録。

登録したメンバーの現在地は、アプリ上の地図で確認できるようになります。

②特定の地点に出入りしたら通知

もともとは「待ち合わせ」の際に便利な機能ですが、

・パートナーと浮気相手が密会していると疑わしき場所

・パートナーの職場

などをあらかじめ登録しておけば、パートナーのスマホがその地点についた/出発した時点で通知がきます。

その他にも

・LINEのようなチャット機能

・緊急時には、サークル内のメンバー全員に緊急通知を発信できる

など、家族の見守りや、災害時に役立ちそうな機能がたくさんあるので、浮気調査目的とは言わず「何かあったら心配だから、このアプリ入れておこうよ」とパートナーに言いやすいところもメリットかもしれませんね。

また、こういった位置情報アプリには海外製のものが多い中、「Life360」は

・日本語で使える

・機能がシンプルで、誰でも使いやすい

というメリットもあります。

3.mSpy Lite

mSpy Lite

《対応ストア》

App store(iPhone)

Google Play(Android)

※ただしAndroid版のアプリ名称は「mLite Phone Tracker App & Phone Locator App

《料金》

無料(ただしアプリ内課金あり)

《mSpy Liteの機能》

①連絡先リストの閲覧

このアプリがインストールされているスマホの、連絡先リストを閲覧することができます。

連絡先リストだけでは浮気の発見は難しいかもしれませんが、他の手がかりと合わせればヒントになるはずです。

②位置情報の共有

このアプリがインストールされているスマホの位置情報を、リアルタイムで追跡できます。

③特定の地点に出入りしたら通知

もともとは「子供の見守り」などの際に便利な機能です。

・パートナーと浮気相手が密会していると疑わしき場所

・パートナーの職場

などをあらかじめ登録しておけば、パートナーのスマホがその地点に出入りした時点で通知がきます。

※ここでご紹介したのはmSpyのライト版ですが、mSpyには有料版もあります。

有料版ではLINEなどのSNSや、gmail履歴など、スマホの中身を監視することなどが可能になりますが、

・iPhoneならいわゆる「脱獄」

・Android端末ならいわゆる「ルート化」

をしないと、mSpy有料版をインストールすることはできません。

脱獄・ルート化をすると、

ポイント

・メーカーの保証や携帯電話会社のサポートが受けられなくなる

・メーカーへの下取りや、中古買い取り業者への売却ができない

・動作が不安定になったり、まったく動かなくなる恐れもある

・セキュリティが脆弱になる

など、デメリットがたくさんあります。

デメリットが大きすぎるので、mSpy有料版を使いたいがために脱獄・ルート化するのは、個人的にはおすすめしません。

4.Lookout:モバイルセキュリティ

Lookout

《対応ストア》

App store(iPhone)

Google Play(Android)

※ただしAndroid版のアプリ名称は「無料セキュリティ&ウイルス対策|Lookout

《料金》

無料

※ただしプレミアム版は有料。

Googleplayの場合:月額250円

Appstoreの場合:月額360円、年額3,600円

《Lookout:モバイルセキュリティの機能》

①スマホの位置を特定できる

「Lookout」はもともと、スマホを紛失した時に備えるためのセキュリティ用アプリです。

このアプリを使えば、対象のスマホの位置を、インターネット上のマップに表示し、どこにスマホがあるのかを特定できます。

②スマホの電池残量が低下すると、自動的にスマホの位置を記録し、教えてくれる

スマホの電池が切れそうになると、自動で位置情報を記録する「シグナルフレア」機能が付いています。

※ご紹介した2つの機能は、どちらも無料版で利用できます。

5.iシェアリング

iシェアリング

《対応ストア》

App store(iPhone)

Google Play(Android)

《料金》

無料(※ただしアプリ内課金あり)

《iシェアリングの機能》

①位置情報の特定

iシェアリングは、家族や恋人、友人と位置情報を共有できるアプリです。

基本的に無料で利用できます。

アプリ上でフォローしている人の位置情報は、リアルタイムでマップに表示されます。

ほかのアプリと比べて「ズレがない」というレビューも多いです。

②特定の地点に出入りしたら通知が届く

あらかじめ特定のエリアを登録しておくことで、相手のスマホがそのエリアに出入りした際には通知が届きます。

浮気相手と密会していそうな場所や、パートナーの職場などを登録しておけば、浮気調査にも役立ちそうです。

浮気調査に役立ちそうな機能はこれくらいですが、iシェアリングでは他にも

・無料で音声チャットが楽しめる

・緊急時の呼び出しサービスがある(スマホを振るだけで、家族などにSOSメッセージを送れる)

など、便利な機能がたくさんあります。

連絡ツールや緊急用のツールとして、インストールしておくのもよさそうですね。

iPhone限定で利用できるアプリ

1.iCloud

《対応ストア》

App store(iPhone)

《料金》

無料

《iCloudの機能》

①iPhoneの位置情報の確認

「iCloud」は、iPhone購入時からデフォルトで入っているサービスです。

iPhoneを使ううえで便利な機能がいろいろ使えるサービスですが、その機能のひとつが「位置情報の確認」です。

「iCloud」は、Appleアカウントと紐づけして利用するサービスです。

もしもiPhoneを紛失した時などは、自宅PCや別のiPhoneからAppleアカウントでログインすれば、対象のiPhoneの位置を確認することができます。

つまり、パートナーのAppleアカウントが分かっていれば、パートナーのiPhoneがいまどこにあるのかを調べることが可能です。

②ファイルの共有

iCloudでは「iPhoneに保存されているデータの自動バックアップ」ができます。

iPhoneのデータをクラウド上に保存することで

・自宅のPC

・別のiPhone

など、ほかのAppleキャリアから対象のiPhoneのデータにアクセスできるようになります。

クラウド上には

・iPhoneに届いたメール

・LINEなど、SNS上のメッセージ

なども保存できるので、iCloudの機能を使ってパートナーのiPhoneのデータをチェックすれば、浮気相手とやり取りした記録を調べられる可能性があります。

2.GPS携帯トラッカー:Phone Tracker

GPS携帯トラッカー

《対応ストア》

App store(iPhone)

《料金》

無料(ただしアプリ内課金あり)

《GPS携帯トラッカー : Phone Trackerの機能》

過去にさかのぼって、位置情報を取得できる!

リアルタイムの位置情報を追跡できるアプリは多いですが、このアプリの特徴は「過去の位置情報」も取得できること。

1つの端末の、過去24時間の動きを追跡できます。

1時間ごとの動きが、マップ上にピンで表示されるので、相手がどんな行動をしていたのかを知ることができます。

※ただし、位置情報の取得には相手の承認が必要です。 また、自分・相手の両方のiPhoneにこのアプリをインストールしておく必要があります。

Android限定で利用できるアプリ

1.Cerberus(ケルベロス)

Cerberus

《対応ストア》

Google Play(Android)

《料金》

最初の1週間は無料お試し、その後は年会費(1端末あたり日本円で600円強)が必要

《Cerberus(ケルベロス)の機能》

①遠隔操作で、録音機能を起動

「Cerberus(以下、ケルベロス)」はもともと紛失したスマホを見つけるためのセキュリティ用アプリとして作られました。

その特徴は、手元にあるパソコンで「ケルベロス」にログインすれば、対象のスマホを遠隔操作できること!

遠隔操作でできる機能の一つが、録音機能です。

手元のパソコンから、対象のスマホのマイクを起動させ、録音することができます。

録音データは、パソコンにダウンロードできます。

②遠隔操作でカメラを起動・撮影

遠隔操作を使って、カメラを起動して撮影することもできます。

しかも

・フラッシュ撮影にするかどうか

・インカメラで撮るか、背面カメラで撮るか

という細かい指定までできます。

※設定を変えなければ、インカメラでのフラッシュなしの無音撮影となります。

撮影したデータは、ケルベロスでのログイン時に使ったメールアドレス宛に送信されます。

③位置情報をチェックできる

手元のパソコンでケルベロスにログインし「トラッキング開始」ボタンを押すと、その時点から対象のスマホの位置情報を継続して取得可能です。

取得した位置情報・経路は、ケルベロスのサービス上の地図に表示されます。

…浮気調査に役立ちそうな機能はこれくらいですが、他にも

・遠隔操作により、対象のスマホから指定の電話番号に電話をかけることができる

・遠隔操作で、端末にロックをかけられる

・遠隔操作で、アラーム音を鳴らすことができる

・遠隔操作で、スマホ内臓データ/SDカードのデータを消去できる

など、スマホを紛失した際に役立ちそうな機能がたくさん入っています。

※注意点※

以前は

・通話記録の取得

・SMSの送受信履歴の取得

などの機能も利用できたのですが、2019年2月のアップデートの際にこれらの機能は使えなくなってしまいました。

2.AirDroid: リモートアクセス &ファイル

AirDroid

《対応ストア》

Google Play(Android)

※一応AppstoreでiPhone用のものも配信されていますが、日本語対応していない&機能がAndroid版より少ないので、おすすめできません。

《料金》

無料

※ただし、

・リモート接続で30日間200MBまで

・広告が表示される

など、無料版は制限あり。有料のプレミアム版は、1カ月1.99ドル(=日本円で215円程度)から。

《AirDroid: リモートアクセス &ファイルの機能》

①遠隔操作で、発着信履歴や連絡先リストなどがチェックできる

「AirDroid」は、Android版だけでなくiPhone向けアプリも配信されているのですが、Android版のほうが使える機能・浮気調査に役立つ機能が多いです。

Android版だけで使える機能の1つが「リモートコントロール機能」。

つまり遠隔操作ですね。

この機能を使えば

・電話の発着信履歴

・連絡先リスト

など、対象のスマホの中の情報をチェックすることができます。

②遠隔操作で、スマホのカメラにアクセスする

「リモートコントロール機能」では、スマホのカメラにもアクセス可能。

ここまで来るともはやスパイみたいな機能ですよね(笑)

スマホのカメラにアクセスし、スマホの周囲の画像を撮影させ、パソコンにその画像を転送することができます。

③スマホ内のデータを、パソコンに転送できる

・音楽

・写真

・動画

など、スマホの中にあるデータをパソコンに転送できます。

浮気相手との写真などを見つけた場合でも、簡単に転送が可能です。

3.Suica Reader

Suica Reader

《対応ストア》

Google Play(Android)

《料金》

無料(※ただしアプリ内課金あり)

《Suica Readerの機能》

①交通系ICカードの残高・利用履歴がわかる

このアプリを使えば、交通系ICカード(Suica、ICOCA、PASMOなど)の

・電車を利用した日付の履歴

・乗車駅や降車駅の名前

・チャージ残高

・チャージ履歴

などを確認できます。

つまりこのアプリを使えば

・相手がどこにいたのか

・どんな行動をしていたのか

という情報をおおまかに掴むことができるというわけですね。

②有料版なら、確認した情報をエクスポート可能

有料版のみになりますが、Suica Readerには「エクスポート機能」があります。

このアプリで確認した情報を、パソコンなどに転送し、保存しておけるという便利な機能です。

以上、

・スマホを使った浮気調査の注意点

・スマホを使った浮気調査の方法

・浮気調査に役立つアプリ

の紹介でした。

スマホのアプリには相手の浮気をチェックする便利な機能がある反面、スマホを使った浮気調査には、大きなリスクがあることを分かって頂けたかと思います。

最悪の場合、法律で罰せられる可能性もあるので、十分に注意してください。

自力での調査が不安な方、離婚裁判での証拠を集めている方は、やはりプロである探偵に頼むと安心です。

-浮気調査の知識, 浮気調査アプリ

Copyright© 浮気調査の教室 , 2019 All Rights Reserved.